お酒を飲むことで中性脂肪の数値を上げ

No Comments

お酒を飲むことで中性脂肪の数値を上げる、というイメージがありますが、お酒に入っているアルコール成分という物には中性脂肪は入っていません。

ですが、無関係ということにはならない訳で過剰な飲酒が習慣化してしまうと気付かぬうちに中性脂肪の数値が上昇してしまう、なんてこともあり得ます。

中性脂肪が沢山含まれている食べ物もありますが意識してそういった物を食べないようにしているのに中性脂肪の量が平均値を超えているというのならこの際、禁酒を進めてみてはいかがでしょうか。

近頃は健康に気をつける人が多くなっていますが、数値としてはっきり出てしまうと、気になるものですよね。

とりわけ、中性脂肪が気になる方はストレスがそこにどれだけ関わっているかを考えてみたことはありますか。

中性脂肪の増加には、一番影響があるのが「食事」だと思われる傾向にありますが、実はストレスの影響が大きいのです。

ストレスがかかり続け、自律神経の交感神経と副交感神経がバランスをくずすと、脂肪酸という血液に含まれる成分が、肝臓で中性脂肪になってしまうのです。

血液検査をしたところ、中性脂肪の数値が高かった人は、運動をすることや食生活に関することを見直さざるえません。

とりわけ甘党の人は、糖質のことをわかった上で、意識的に1日に体に取り入れる量をコントロールすべきと言えます。

そうしないと、知らず知らずのうちに、体の中に入り過ぎてしまうからです。

有酸化運動は、日々の生活の中で30分以上することが出来れば意味のあることと言えますが、少なくとも週に3回は必要です。

筋肉を付けた結果、基礎代謝が上がるということは、中性脂肪を効果的に燃焼できるのです。

中性脂肪というのは、消費されなかったエネルギーを元にして増産されてしまうのです。

つまり、エネルギーを多く消費することが出来れば、その分だけ、蓄積された脂肪の消費が期待できるわけです。

少しでも脂肪を減らして痩せる為に、まずは運動して、筋肉をつけることからやってみることをお勧めします。

体内の血液がドロドロになってしまう原因として中性脂肪が標準値を超えていることが挙げられますが、それを改善するために水を飲む量を増やすだけという方法は間違いと言うものです。

中性脂肪値の低下、そして血液をサラサラな状態にするためには水分が欠かせないのは確かです。

しかし、それよりもっと大切なことは甘い物や脂っこい食べ物、脂質と糖質の摂取量を減らして、意識して身体を動かし運動をするなどの方がより効果的です。

コルチゾールは、喫煙により内臓脂肪を増やす機能がある数値が上がります。

内臓脂肪は、中性脂肪で大部分ができているから、タバコを吸うのは、中性脂肪が増えることになります。

中性脂肪が減るようにするに行動するには禁煙しなければならず、中性脂肪の低下だけではなく、近年では様々な健康を良くするために必要なことになります。

健康診断を今までに受けた方ならばきっと目にした事があるだろう項目が中性脂肪です。

この中性脂肪という値が高いことによって一体どうなってしまうのでしょう。

中性脂肪により、血管が詰まっていく結果になり、動脈硬化という病気になりやすくなります。

それが、心筋梗塞や脳卒中、狭心症など、大変な病気を起こしやすくなってしまいます。

中性脂肪の値が高い状態が何を引き起こすかと言えば中性脂肪を合成している肝臓が機能を果たしていかなくなり、肝硬変や肝臓がんを引き起こしてしまう原因になりますので、体調管理を怠らないようにしましょう。

烏龍茶というと、カロリーが低いことで有名ですが、なんと、それに加えて中性脂肪値を下げる作用も期待できることがわかってきました。

そんな嬉しい作用ですが、どうして私たちの身体に作用を及ぼしているのかというと私たちの体内の脂肪に絶大な効果をもたらしてくれる「烏龍茶重合ポリフェノール」が含まれており、この成分が、身体の中で脂肪が吸収されるのを制限してさらに脂肪を分解することにも効果を発揮してくれるのでs。

それに加えて、体内に溜まっている中性脂肪を体外へと出してくれる効果もあるので食事のお共に、ぜひ烏龍茶を飲みましょう。

生活習慣病の一種である、糖尿病、動脈硬化、脳梗塞、狭心症などには中性脂肪の数値が高いことが引き金になる病気もあります。

中性脂肪が増えるという事はサラサラな血液がドロドロになりまた血管も詰まりやすくなってしまいます。

中性脂肪が心配と言うなら血液検査を受けて数値を確認しておきましょう。

動脈硬化や他の生活習慣病の中には、自覚できない病気もあるので、最低でも1年に1回は血液検査を受けることが大切と言うものです。

健康を損ねる危険がある中性脂肪ですが、人間生活を送る上で必要になるエネルギー源でもあるため低ければ低いなりの問題が出てくる可能性もあります。

生まれつきの症状や病気によるものが原因だとされていますが、近年、女性の中で増えているのがダイエットが原因になることも多いそうです。

中性脂肪が低い=エネルギー不足に繋がるため疲れや不調の原因になることもありますし肌の乾燥から始まり老化を促進させることも考えられるのでたかが数値と侮らないようにしましょう。

内臓脂肪 落とす サプリメント

Categories: 内臓脂肪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です