健康診断でコレステロールが高いという結果が出たら

No Comments

健康診断でコレステロールが高いという結果が出たら、食事の時に糖質や脂質を控えようと思いますか。

それか運動を始めますか。

運動しないなら、有酸素運動が効果的でおすすめです。

有酸素運動というゆっくりした動きにより筋肉が多くの酸素を吸収し、心拍や脈拍が増加し血液の流れが改善されます。

それは、体内で善玉コレステロールを増加させ、良いコレステロール値が測定で出るようになります。

有酸素運動である水中歩行やウォーキングのゆっくりした動きは最も効果を発揮します。

医療技術が進んだ現代においても、心疾患でお亡くなりになる方は非常に多く日本における死亡原因のランキングにも表れています。

だんだんと歳をとることで代謝も悪くなってくるため、気が付くとコレステロールが蓄積されてしまった状態になりがちです。

日頃の食生活や運動不足が原因といわれており、コレステロールの面からは肉の脂身部分の他、牛乳やたまごといったおなじみの食材も、食べ過ぎはNGです。

自覚症状が現れにくいので、突然、心筋梗塞や脳梗塞で倒れてしまい、動脈硬化の進行の恐ろしさを実感されることが多いでしょう。

どんな食品も食べ過ぎは厳禁で、卵も同様で摂りすぎは過剰摂取はコレステロールの摂り過ぎとなり一般的にもよく言われていますが、卵は控えた方が良いのかと思ってしまいます。

実際には、卵は女性ホルモンの生成に役立つので毎日の健康維持に出来れば摂取することをお勧めします。

よく善玉コレステロール、悪玉コレステロールと言われますが、大切なのは、このバランスを保つことであるため、適度に摂取できる様、食生活を工夫しましょう。

レジスタントプロテインとは、そばなどに特に多く含まれているタンパク質の一つになります。

食物繊維のような性質を持っていて、消化、吸収がされにくく、体内にある不必要なコレステロールとくっついて外に出す効果を持っています。

コレステロールの値を下げるとすると食事制限を厳しくするべきだという印象があるかもしれませんが、そばを食べることでコレステロール値をコントロールできるならつらくないのではないでしょうか。

なかなか病院へ行く時間がない方のために、家にいながらコレステロール値を調べることができるようになりました。

最初に検査キットを購入してください。

それから、血液をとって、センターに送付しましょう。

後日、検査結果が自宅へ届きます。

この簡単な方法なら、悪玉コレステロール値の監視ができますね。

病院へ行って検査をすることを考えると、お手軽に測定ができるので便利です。

肥満、高コレステロールの症状における新陳代謝の改善には一般的に知られている漢方薬の「大紫胡湯」を使ってみて下さい。

体の中の血液の余ったコレステロールの体外への排出を助け、身体のコレステロール量を正常な数値に調整することで、脂質の代謝異常を解消してくれるでしょう。

食べるものを改善し、運動をする事でこの漢方薬を通して健康生活を始めるのはどうでしょうか。

いわゆる飽和脂肪酸は、食べたときに体内に入ったコレステロールを吸収しないように予防できる効果と、体内に存在しているコレステロールの値を下げる効果があるとのことです。

しかし、飽和脂肪酸は体内でコレステロールの量を増加してしまうような効果があるようです。

不飽和脂肪酸は青い魚や植物から採れる油に含まれているそうです。

飽和脂肪酸は牛とか豚、鶏の肉のように動物の脂に含まれているとのことです。

身体の機能維持に欠かせないコレステロールは、私たちの体の中で製造される分が、全量の70パーセントから80パーセントにあたり、残る2割から3割を外部から取り入れる(食事として摂る)必要があります。

生体内で作られるコレステロールの60%から70%が肝臓で生産されます。

私たちの肝臓は体内に存在するコレステロール量を監視しつつ、生産を調整する機能もあり、食事からコレステロールを摂りすぎている際には、コレステロールの製造をストップさせたり、コレステロールを分解して、体内の量を減らすのです。

コレステロールから連想することと言えば、体に良くないという印象はありませんか。

ところがコレステロールには、動脈硬化を進行させる悪玉コレステロールともう1つはそれを抑制してくれる善玉コレステロールがあり、善玉コレステロールの増殖をはかることは健康に良いとされています。

その上、最近になって理解されるようになってきたことは、コーヒーの中に含まれる成分の1つであるポリフェノールが善玉コレステロールを増やす働きをするということです。

国内における死亡原因の上位を見てみるとまず癌が第1位であり、それに引き続いてまず心疾患が挙げられ、そして脳血管疾患があります。

心疾患や脳血管疾患の要因となるのが言うまでもなくコレステロールです。

コレステロール値が高くなりすぎないように注意することが心疾患や脳血管疾患で命を落とさないためにも重要なこととなるはずです。

コレステロール値を知るには血液検査を行うのですが、検査に行く時間も確保できない程多忙な生活を送っていると言う人は検査キットを使えば自分の家で採血ができます。

入手方法は簡単で、検査キットはインターネットでも買える他、すぐに欲しいのなら近所のドラッグストアに行けば販売されています。

総コレステロールサプリで作ったようなロゴを作成するPhotoshopチュートリアル

Categories: コレステロール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です